初めに揃えたいおすすめ車中泊グッズ10選!

      2016/05/18

車中泊グッズ

車中泊を快適に行うために、各社から便利グッズがたくさん販売されています。
自由な旅が醍醐味とはいえ、事前にしっかり道具を揃え準備しておくことも大事です。
なくてはならないグッズ、あると便利なグッズを一部ご紹介致します。

スポンサーリンク

 

就寝道具

まず必須なのは就寝道具です。
運転席や助手席での長時間の睡眠はエコノミークラス症候群になる可能性もあり危険。
しっかりと足を伸ばして眠れる環境を整えましょう。

 

寝袋(シュラフ)

狭い車内でコンパクトに眠るためには最適なグッズです。
床に敷いてマット替わりにもなりますし、複数枚重ねることで冬の寒さ対策にもなります。
旅先の気候がわからない時は、複数持っていくことをおすすめします。

それと、各商品に「最低使用温度」や「リミット温度」など書かれていると思いますが、
それ1枚でその気温の場所で眠れるというわけではございません。
たとえば「最低使用温度-10℃」と書かれたシュラフの場合、そのままで気温-10℃の場所で眠れるわけではなく
インナーを着込んだり毛布をかけたりと工夫することで、ようやく安全に眠れるということです。
そのシュラフを販売しているメーカーや素材、個人差にもよりますが、あくまで目安程度に考えておくのが良いでしょう。

 

マット

車内の硬いマットの上では快適に眠ることはできません。
専用のエアマットを購入するか、もしくはいっそのこと敷布団を積むことをおすすめします。
エアマットの場合、バルブを開けるだけで自動で空気が入るものがあります。
空気入れを使用するタイプだと、空気入れ自体が荷物になってしまうためおすすめしません。
少々高価ですが、下記のような商品をおすすめします

敷布団を持っていく場合は、普段自宅で使用しているものでも構いませんが、
出来れば下記のようなマットレスがいらない分厚い敷布団がおすすめです。

 

車内環境

防犯上、車内を隠すためのカーテンやシェードはあったほうが良いでしょう。
窓枠にピッタリとはまるマルチシェードの場合、外気温をシャットアウトするため冬の寒さ対策にもなります。

カーテン

後部座席で寝る場合、フックで簡単に取り外しが出来るものがおすすめです。
前席と後席の間にカーテンを閉め、リアガラスにはマルチシェードをつけるのが良いでしょう。
前席が見える状態だと警察に職質され難いようです。

 

マルチシェード

通常、車種専用のものがフロントとリアに分かれて販売されています。
専用品であるためとても高価です。
フロントガラス、リアガラス両方揃えようとすると、それだけで2万円以上の出費になってしまいます。
それに、全ての窓にシェードをつけるのは結構めんどくさいものです。
カーテンの項目でも説明しましたが、前席と後席の間をカーテンで隠し、リアガラスにのみマルチシェードをつけるのがおすすめです。

 

あると便利なグッズ

その他、快適に車中泊を行うために便利な装備をご紹介します。
なければならないと言う訳ではありませんが、あるとより楽しく安全な車中泊の旅が出来るでしょう。

 

携帯電話充電器

シガーソケットを使用して携帯電話(スマートフォン)を充電するためのものです。
車中泊の旅では電源の確保が難しく。
バッテリーの消耗が激しいスマートフォンには必須と言えます。

USBポートも付いているため、別途のUSBケーブルがあればiPhoneやiPadの充電も可能!

 

LEDランタン

車内の灯りは車内灯でも良いのですが、もしつけっぱなしで寝てしまったら
朝には「バッテリーがあがっていた」なんてことも有り得ます。
場所によっては夜、暗い中を歩いてトイレに行かなければならないこともあります。
持ち運びも出来るLEDランタンを、ひとつ車に積んでおくと重宝します。
電池式のLEDランタンがおすすめです。

こちらはパナソニックのエボルタ付きランタン
上記のジェントスよりも小さくて邪魔にならないタイプです。
どこでも入手できる単3電池3本で使える便利なやつ。

 

耳栓

車中泊する際に隣に大型トラックがとまっていたら...
おそらくアイドリング音がうるさくてまともに眠ることが出来ないと思います。
車中で快適に眠るためには防音対策が必要です。
耳栓程度ならたいした荷物にもなりません、持っておいて損はないでしょう。

 

ハンドルテーブル

車中泊では朝食など、車内で食事する場面が多数あります。
車内でお弁当やファーストフードを食べる時に置く場所に困ることがあるでしょう
そんな時に便利なのがこのハンドルテーブル。
ハンドルに取り付けることで運転席に座ったまま快適に食事が取れます。
ワンタッチで取り外しができるからとても便利、車中泊でなくても普段から大活躍間違いなし。

 - 車中泊グッズ